FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年6月24日 磐梯山(裏磐梯)

薮蚊に襲われた磐梯山。

内容と画像は後ほど…
スポンサーサイト
[ 2014/06/25 01:22 ] [登山]福島県 | TB(0) | CM(0)

2014年6月15日 蓼科山

[ 2014/06/16 01:21 ] [登山]長野県 | TB(0) | CM(0)

ウエア

私の体は大きい。
身長が165cm。体重は内緒。

ウエアを購入する際、いつも日本で販売しているサイズ展開に
疑問を抱いてしまう。

メーカーではXXLサイズまで展開が合っても
輸入しているのは大抵がLサイズ(日本サイズのL)まで。
横は合っても丈が合わない、袖が短い。
大きい物や長い物は直せるが、小さい短いはどうにもならない。

独身時代、アパレルで働いていた時も
スカートやパンツの丈が短くて難儀したもの。
イメージでは、くるぶし丈になる商品が
私がはくとふくらはぎに。
パイアステープを使って丈出し直しを何度したことか。
それでもイメージ通りの丈にはならないんだけどね。

あれからどれくらいの歳月が経ったのか。

にもかかわらず、登山ウエアのサイズ展開は・・・
 
確かに、山に行くと中高年が多くて
背の高い女性に会うことはあまり無いから
大きいサイズを入荷しても売れないのか?

LLBeanやpatagoniaは大きいサイズも扱っている。が、
サイトを見ると・・大きいサイズから売り切れているではないか!
需要は有るとみた!!
なのに他メーカーは輸入なし。
どういうこと?

「じゃ、LLBeanやpatagoniaで買えばいいじゃない」って
声が聞こえてきそうだけれど、
競争が激しい。実際何着か購入したけど、
売り切れであきらめた物も結構あるし、
何より、他メーカーのウエアも着たいじゃない。

登山ショップに行き、「これの上のサイズはありませんか?」
「申し訳ありません。扱いがありません。
メンズでは如何ですか?最近はメンズを着る女性も増えていますよ」って
それは女性用にサイズ展開がないからでしょって、云いたくなる。

端っから作って無いなら諦めもつくけど
作っているのになぜ仕入れない?
メンズは大きいサイズまで仕入れているのに。

海外サイトや直輸入店で購入すれば
手に入るメーカーも有るんだけど、試着が出来ない。
ちょっとした賭けかな。

今後、サイズ展開が広がる事を願うばかりです。
[ 2014/06/15 05:30 ] [登山]思うところ | TB(0) | CM(0)

最初

立山
 
昨年の夏に
黒部ダム、室堂に家族で出かけ、
景色のあまりの素晴らしさに突然、山登りがしたくなり、
帰宅後、登山道具を少しずつ揃え
今ではすっかり山にはまっております。

毎週、天気と体の都合がつけばせっせと山に行っております。


s-syukuIMAG0440.jpg
この景色達に心を奪われてしまいました。
s-syukuIMAG0378.jpg

今年の夏は
昨年、室堂から眺めていた雄山に登り、
今度は室堂を眺めてみたいです。

[ 2014/06/06 03:32 ] [登山]最初 | TB(0) | CM(0)

2014年6月3日 甘利山・千頭星山

登山本を読んでいて、
なかなか好さそうと思い、
この山に決めました。

ヤマレコ等を拝見していると
千頭星山の頂上の先へ進むと
崩壊地も望めるようなので
行ってまいりました。


9時に駐車場出発。
P6030089.jpg



小屋も有り、ソフトクリームを販売しているようなので、
帰りに寄る事に。

P6030090.jpg



甘利山までは
ピクニック気分で行けるよう。

P6030091.jpg



登り始めてすぐのレンゲツツジは
まだ蕾。

P6030094.jpg



横の気には
巣箱が。
鳥の鳴き声がしてました。

P6030097.jpg



ミツバツチグリが
沢山咲いてました。

P6030127.jpg



シロバナノヘビイチゴも。

P6030132.jpg



タンポポだって咲いてます。

P6030131.jpg



そして
大きなレンゲツツジと富士山。
素晴らしい。

P6030134.jpg



満開です。

P6030137.jpg



見事なレンゲツツジ。

P6030139.jpg



P6030144.jpg



青空とお似合いです。

P6030154.jpg




淡いグラデーションのレンゲツツジも見つけたので
こちらもパチリ。

P6030156.jpg




サクラスミレもちらほら咲いて。

P6030157.jpg



またもやミツバツチグリ。

P6030160.jpg



小さなマイヅルソウも。

P6030164.jpg




甘利山山頂付近。
青空が抜けるよう。
が・・
甘利山山頂を撮り忘れました。

P6030208.jpg


P6030209.jpg



笹原を抜けて
まずは奥甘利山へ。

P6030225.jpg



途中で見つけた、可愛い花の蕾。

P6030226.jpg



そうこうしているうちに
奥甘利山山頂。
ここまでの道のりは
多少のアップダウンは有るものの
それほど、きつくは無く到着。

P6030229.jpg



ここから千頭星山までの道のりは
結構きつかった。

P6030230.jpg



途中なだらかな道もあるものの、
結構な急坂に感じましたね。

P6030240.jpg

こんな標識も。

P6030248.jpg





そして、千頭星山頂上到着。
眺望は何も無し。
ただ、本当の楽しみはこの先なので
休まずに進みます。

P6030260.jpg




千頭星山を少し下ると
この標識に。
ここから、迷うことなく大ナジカ峠方面へ。

P6030262.jpg



すると、少し開けて
鳳凰山とオベリスクが見えてくる。

P6030265.jpg



途中、荒れた下り道なので躊躇しそうだけれど
そこをこらえて
下ると
いきなり眼前が開けて、この景色に出会える。

P6030267.jpg

出来る事なら、この景色を見ながら
ランチとコーヒーといきたいところだが、
適した場所が見つからない。
何しろ、歩くそばから崩れそうな登山道。
大ナジカ峠に続くこの道は、
今の私たちでは太刀打ちできない。

無理はせずに千頭星山へ引き返しお昼にしました。

それにしても
この時期の山は虫の多いこと。
のんびりとお昼とはいかず、早々に退散。

にしても、この日の登山は
久々に足にきた。
この程度の山でこんなにくたびれるとは・・
鍛え方が足りないかな。
[ 2014/06/04 09:22 ] [登山]山梨県 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。