FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年9月17日 宝永山

今回で3回目の登山。

初心者でも登れると聞いたので
宝永山に挑戦。
天気はすごく良くて
とっても気持ちが良い日でした。


miyuki 004


いきなり登るのも良くないので、
軽く運動しながら
写真撮影。

富士宮口の駐車場から見上げた富士山。
miyuki 008
頂上が見えている様な見えて無い様な。
とにかく富士はデカイ。


登山道を入ってすぐに振り返ると
売店の建物越しに絶景。
DSC01438.jpg


しばらく歩くと
最初の分岐点。
DSC01444.jpg
標識越しに
宝永山がチョロっと見えます。



そして、
しばらく歩くと
二つ目の標識。
DSC01448.jpg


ここまで歩くと
宝永山と
道のりが見えてきます。
miyuki 014


この標識だと
宝永山まで55分。
DSC01456.jpg
この距離から見える道のりは
それほどきつくも見えないので
「な~んだ、大したこと無いな」なんて
思ってました。

でも・・
火口から宝永山までの道は
本当に辛かった。
「く」の字のあの道!
足は取られるわ、空気は薄くて息が苦しいわ。
途中で何度も引き返したくなりましたよ。



振り返っても
そんなに登って無いように
感じるし。

DSC01473.jpg

それでも
少しずつ歩いて振り返ると
「うん?景色が少し変わってる?」
DSC01476.jpg
  

「そうだ、ゆっくりでも
1歩ずつ歩けば、いつかは頂上に立てる」
な~んて思いながら
沢山の方に抜かされながらも
頑張りましたよ。

そして・・
やっとの思いで、馬の背までたどり着きました。

DSC01478.jpg


本当に苦しかったけど 
この位置から見上げる富士山は
迫力満点。

DSC01477.jpg


進んで来た道と
逆側に見える景色も
格別で、苦しかったけど
登って良かったって本当に思えましたよ。

miyuki 027

これがあるから 
山登りがやめられないのかな?



この馬の背歩きは
本当に
気持ちよかったぁ。
DSC01479.jpg

このまま
空に登って行けそうな
そんな感じでした。

DSC01484.jpg

そして、そして
やっと宝永山山頂。
miyuki 037

この日は本当に天気が良くて、
景色を眺めながらの
おにぎりは
とってもおいしかった。

いつまでも
ここに座っていたかった。

それでも、お別れの時は来ちゃうわけで。


あんなに苦労して
登ったのに
下山は思いのほか楽で
あっという間に
火口に着いちゃいました。

でも、足は結構ガクガクで
車に着いた時には
足は痛いし、頭は痛いしで
かなりの疲労が・・

一年後くらいに
再度登ったら
今回よりは少しは楽に登れるかな。


スポンサーサイト
[ 2013/09/18 07:09 ] [登山]静岡県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gokigennaokiniiri.blog38.fc2.com/tb.php/113-1777e820







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。